Rougeの目標達成日記

@RougeRouge9 の記録

はじめに

☆この記事は1分で読めます。

はじめまして

Rouge・ルーちゃん(@RougeRouge9)こと
本名 Kishi Sakuraです。

 

7歳の頃、

人によって見えている世界は全く異なること、

人によって脳の認知特性と情報処理は異なることに衝撃を受けて以来、

情報と脳へ興味を持ち続けてます。

 好奇心旺盛なので

器用貧乏でいろいろやってます。

中期インターン40社行ったり

映画祭運営参加したり動き回ってます。

 

rouge.hatenablog.jp

 

情報表現の模索が自分のテーマです。
(課題解決や幸福度の高い時間を生み出す情報表現方法の模索)

 

リア友やフォロワーさんのリクエストで

日々のメモ用のブログを作りました。

 

自分の思考をまとめる目的と共に、

読者の方に有意義な情報レイアウトに努めたいと思っています。

  

のんびり書き書きしますので、

これからもよろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ♪

Amazon本1位の洋書原著者の動画まとめ

(R*'ω')/こんにちは、R(@RougeRouge9)です。
日本のAmazon本ランキングでベストセラー1位をとった洋書原著者をまとめました。
海を渡ってきた洋書が日本で1位になるってすごいことだと思いませんか?文化や環境が全く異なるのに。共通の知識需要やトレンドのヒントが隠れてる気がします。
著者の簡易紹介と厳選スピーチ動画も付けてみます。
後日、随時追加していきます。

ハンス・ロスリング

経営学カテゴリ1位

医者だけどデータビジュアライゼーション(データ可視化)に尽力した公衆衛生学者。

WHO、ユニセフで保健アドバイザーを務め、スウェーデンにおける国境なき医師団を共同で設立。ギャップマインダー財団を設立し、自由にアクセスできる公共統計の利用と理解を高めることにより”事実に基づいた世界観”を促進することを目的として、国際統計を動的でインタラクティブで楽しめるグラフィックに変換するソフトウェア”Trendalyzer”を開発した。

2007年3月、米グーグルは、Trendalyzerを一般の統計においても自由に利用できるようにするという目的で買収。Trendalyzerは、現在、英:Google Visualization APIとして一般に配布されており、Googleドキュメントのスプレッドシートで「モーショングラフ」ガジェットとして利用できる。

動画

ヤニス・バルファキス

経済史カテゴリ1位

2006年に、アメリカ合衆国の不動産を震源とする金融危機が発生し、それがウォール街を経てギリシャに及ぶだろうと予測し、のちのリーマンショックからギリシャ恐慌の流れを的中させた経済学者。
2008年の世界金融危機によってアメリカ合衆国による一極体制が潰えた事を受け、自身の公式ウェブサイトに「2008年以後の世界への思想」(原文:THOUGHTS FOR THE POST-2008 WORLD)という表題を付けている。

動画

ユヴァル・ノア・ハラリ

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福www.amazon.co.jp
2,052(2019月05月01日 12:35 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する
 
ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来www.amazon.co.jp
1,690(2019月05月15日 11:43 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する
 

イスラエル歴史学者ヘブライ大学歴史学部の終身雇用教授。

(R*'ω')/終身雇用教授とは…大学側が「一生お金出すからうちの大学にいてくれ」な教授。

Facebook創始者マーク・ザッカーバーグによってサピエンス全史が紹介され世界的に有名になった。ザッカーバーグは本書を「人類文明の壮大な歴史物語」と評してフォロワーに紹介。現代の哲学者として名高い。

動画

シェリー・ケーガン

死生観カテゴリ1位

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義www.amazon.co.jp
1,930(2019月05月18日 11:49 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する
 

イェール大学教授。道徳哲学・規範倫理学の専門家として知られ、着任以来二十数年間開講されている「」をテーマにした講義は、常に指折りの人気コースとなっている。中国、韓国をはじめ世界各国で翻訳出版され、25万部を超えるベストセラーだが、講義は無料動画公開してる↓

・人は、死ぬとどうなるのか
・死への「正しい接し方」―恐れたり、絶望したりすべきものなのか
・なぜ歳をとるごとに、「死への恐怖」は高まっていく?
・残りの寿命――あなたは知りたい? 知りたくない?
・「不死」が人を幸せにしない理由
・「死ぬときはみな、独り」というのは、本当か
・自殺はいつ、どんな状況なら許されるのか
・死が教える「人生の価値」の高め方

ステイーヴン・ホーキング

科学読み物1位

ビッグ・クエスチョン―〈人類の難問〉に答えようwww.amazon.co.jp
1,620(2019月03月30日 20:46時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する
 

一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホール特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホール素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えた人物。

+余談
キップ・ソーン

私の大好きなクリストファー・ノーラン監督の映画「インターステラー」に登場する科学的なフレームワーク、特にブラックホールに関する点などは全て理論物理学者キップ・ソーン監修。

スティーヴン・ホーキングらとの学問上の賭けのエピソードが知られ「裸の特異点は存在するか」という賭けでホーキングに勝ち、ペントハウス1年分を受け取ったことをナショナルジオグラフィックチャンネルで語っている

世代論の教科書 メモ

はじめに

〇〇世代って言葉はあまり好きではない。コミュニケーションは個人対個人のやりとりであると思う。

しかし、相互理解を深めるためには、ざっくりと相手の時代的背景と最大公約数な傾向をインストールしといて損は無いと思う。

 

よって世間から〇〇世代はどうみられているのか?群像の感覚

 

数ある世代書の中でも好評な「世代論の教科書」から重要なところをざっくりメモしてみた。

 

《〇〇世代》
団塊世代=60代(1947~51年生まれ)
●ポパイ・JJ世代=50代半ば~60代前半(1952~60年生まれ)
●新人類世代=50歳前後~半ば(1961~65年生まれ)
●バブル世代=40代半ば~後半(1966~70年生まれ)
団塊ジュニア世代=30代前半~40代半ば(1971~82年生まれ)
●さとり世代=20代前半~30代前半(1983~94年生まれ)

 

《理解》
団塊世代=人数が多く競争意識が強い。「封建性」と「革新性」の2つが共存している。
●ポパイ・JJ世代=「自分は自分、他人は他人」という価値観。子どもや他者に理解力あり。
●新人類世代=幼少期に高度成長。「楽しいこと」が最上の価値。自由で軽やか。上下関係が希薄。
●バブル世代=苦労なく正社員に。「万能感」が強く、自分を大きく見せる。恋愛の力関係が男女逆転。
団塊ジュニア世代=上の世代の価値観に疑問。「裏切られた感」「被害者意識」が強い。
●さとり世代=周囲への「過剰な気遣い」「同調圧力」。異性より同性重視。「恋人いない」が過去最高。

 

「消費傾向」
団塊世代=「孫」「仲間」「夫婦エスコート」に金を使う。「新発売」「日本初」「世界初」に弱い、新しいもの好き
●ポパイ・JJ世代=好みが多様化。「選択肢が多い」「生活・人生を楽しむ」が響く、フェイスブック大好き
●新人類&バブル世代=見た目に金をかける。教育もブランド志向。狙いは「仲間消費」(仲間ゴルフや女子会など)
団塊ジュニア世代=消費は堅実(ケチ)。「自己啓発」「自分探し」「海外志向」が響く。狙いは「母娘消費」「三世代消費」
●さとり世代=安くてそこそこよいモノで大満足(背伸びしない)、狙いは「SNSで話題にしやすい商品」


世代ごとのまとめ

団塊世代(1947~1951生)60代>
(時代背景)
・世界的ベビーブームの到来
・経済復興の始まり
・米ソ冷戦、ベトナム戦争
・「学園紛争」を始める
・テレビの普及

(特徴)
・人数が多く競争意識が強い
封建制と革新性が共存
・日本にはじめて私生活を持ち込む
・戦争の呪縛から解放された最初の世代

(消費 文化の背景)
・第1次テレビっ子世代
・欧米文化を自分のものとして受け入れた最初の世代
・若者文化を最初に始める(マンガ誌、インベーダーゲーム
・グルメブームの到来

(恋愛 結婚)
・はじめてデートと同棲を始める
・合同ハイキングが人気
・見合い婚と恋愛婚が逆転
・仕事か結婚かで専業主婦に
・今は孫ケア、孫育て

(消費のツボ)
・孫消費(金も口も出す)
・メディアの流行報道に敏感
・ラジオへの信頼度が高い
・仲間好きゆえ仲間消費
・新発売、日本初、世界初に弱い。新しいもの好き
・狙いは夫婦のエスコート消費

 

<ポパイ JJ世代(1952~1960生)50代半ば~60代前半>
(時代背景)
・女性の社会進出(ウーマンリブ
・楽園キャンパスを始める(大学=テニス同好会)
マクドナルド、日清カップヌードルセブンイレブンの登場

(特徴)
・人生はエンジョイするものという考えが強い
・表面的にはクール、シラケ
・自分は自分、他人は他人という価値観、他者に理解力あり
・子供の自主性を尊重する

(消費 文化の背景)
ニュートラハマトラブーム
・初のブランドブームが起こる
・ライフスタイルは音楽とともに(ユーミンとサザンが象徴的)
・美人よりかわいい子が人気に
・オタク第1世代

(恋愛 結婚)
・ドライブデートを楽しむ
・ハワイに新婚旅行が普通に
・男女平等意識を持っている
・夫も家事負担が少しずつ増加
・妻から離婚、バツイチ出始め

(消費のツボ)
・今の消費の原型を形成
・広告は空気のようなものであり、広告とともに生活を変える
・好みが多様化している
・多様な選択肢を用意、選ばせる
・生活、人生を楽しむが響く
フェイスブックが大好き

 

<新人類世代(1961~1965生)50歳前後~半ば>
(時代背景)
・幼少期に高度経済成長(モーレツ社員の子供)、大阪万博
共通一次試験が開始
男女雇用機会均等法が施行
ベルリンの壁が崩壊

(特徴)
・よくいえば自由で軽やか
・悪くいえば薄っぺらい
・楽しいことが最上の価値
・上下関係が希薄
・思想の呪縛から解放された最初の世代

(消費 文化の背景)
・Hanakoが創刊
ハナコ世代の登場
・女子大生ブーム
・ブランド好きで消費好き
・中高生でウォークマンを手に
・オタクが市民権を得る

(恋愛 結婚)
・恋愛の力関係が男女で逆転
・男性はひたすら仕える
・アッシー君、メッシー君
・結婚相手の条件は三高
・高望みしすぎて一部負け犬に

(消費のツボ)
・見た目に金をかける(ファッション、メイク、アンチエイジング
・ずっと男子、女子でいたい
・共稼ぎ、独身は自由なお金あり
・狙いは仲間ゴルフ、女子会など仲間消費(フェイスブック好き)

 

<バブル世代(1966~1970生)40代半ば~後半>
(時代背景)
・バブル景気が到来
・日本経済は絶好調
・一億総中流の広まり
・就職は売り手市場
・苦労なく正社員になれた

(特徴)
・貯蓄より消費を優先する日本唯一の世代、右肩上がり志向
・なんでもできる万能感が強い
・自分を大きく見せる
・子供の教育もブランド志向
・一部モンスターペアレント

(消費 文化の背景)
・女性が文化の担い手
・ジュリアナ、ボディコン、お立ち台、トレンディドラマブーム
・高級自動車シーマ現象
・チーズケーキ、ティラミスブーム
・アラフォー、美魔女ブーム

(恋愛 結婚)⇒新人類世代と同じ
・恋愛の力関係が男女で逆転
・男性はひたすら仕える
・アッシー君、メッシー君
・結婚相手の条件は三高
・高望みしすぎて一部負け犬に

(消費のツボ)⇒新人類世代と同じ
・見た目に金をかける(ファッション、メイク、アンチエイジング
・ずっと男子、女子でいたい
・共稼ぎ、独身は自由なお金あり
・狙いは仲間ゴルフ、女子会など仲間消費(フェイスブック好き)

団塊ジュニア世代(1971~1982生)30代前半~40代半ば>
(時代背景)
・「サラリーマン+専業主婦+子供2人」の標準家庭が定着
バブル崩壊就職氷河期
・同世代の賃金格差が広がる
・フリーター、非正社員の増加

(特徴)
・同世代が多く、激しい受験戦争
・上の世代の価値観に疑問(強い裏切られた感、被害者意識)
自己啓発、自分探しが好き
・男性よりも高学歴女性が多いはじめての世代

(消費 文化の背景)
ファミコン世代、ジャンプ、Myojo、りぼん、なかよし、世代
・初代コンビニ、カラオケ世代・エヴァンゲリオン世代
・サッカー人気の勃興期
・コギャル文化の登場

(恋愛 結婚)
・未婚、草食男子の増加
・婚活、街コンの登場
・求める男性像は三低
働きマン干物女の増加
イクメン、趣味人おっさんの増加

(消費のツボ)
・消費にガツガツしない(よくいえば堅実、悪くいえばケチ)
・明確なコンセプトと価格妥当性のある商品を買う(無印良品電動アシスト自転車が象徴的)
・海外志向、自己啓発が響く
・狙いは母娘消費、三世代消費

<さとり世代(1983~1994生)20代前半~30代前半>
(時代背景)
少子化で競争が少ない
・物心ついたときから不景気
・第2次就職氷河期
・中高生でケータイを持つ
ゆとり教育

(特徴)
・将来不安大、自殺増、なのに満足度高、で日々楽しく
・超安定志向
・周囲への過剰な気遣い
同調圧力が強い
・普通の子が学級崩壊を扇動

(消費 文化の背景)
・豊富なおもちゃに囲まれて育つ(たまごっち、ハイパーヨーヨー
・男女ともポケモンに熱狂
・人気アニメはセーラームーン
・ローティーンファッションの先駆
・私立中学受験がブームに

(恋愛 結婚)
・恋人がいないが過去最高
・SNSで恋愛がしにくい状況
・異性重視から同性重視へ
・本音では恋愛、結婚したい
・女子は現実的、専業主婦志向

(消費のツボ)
・情報過多の既視感で消費意欲が低い(車、酒、海外旅行離れ)
・男らしさ、女らしさは薄い
・安くてそこそこよいモノで大満足(背伸びしない)
・狙いはSNSで話題にしやすい商品(レッドブルが象徴的)


その他の読書メモを以下に。


<制服ディズニー>
若者たちの間で「制服ディズニー」という現象が起こっている。
大学生や若手社会人が、中学時代や高校時代の制服を引っ張り出してきて、
それを着て集団でディズニーランドに行く現象。関西では「制服USJ」と呼ばれてる。
博報堂に協力してる若者にヒアリングすると、100人中30人ぐらいこの行為をしている。
残りの70人も、まわりがこの行為をしていると証言。
「いましか着れないし」「まだイケるっしょ」と言い合い、過去を思い出し盛り上がる。
これは「懐古厨」ニーズを表した現象。

じつはポケモンも「懐古厨」ニーズをとらえてる。
さとり世代は小さいころのみならず、社会人になってもポケモンをやりつづける。
毎年幼児が参入する上に、ポケモンから出ていかない層も多いので、
ニンテンドー3DSなどで最新作が出ると必ず売れ、場合によっては過去最高の販売数を更新する。


<ポストさとり世代>
バブル世代の子供は、いま高校生くらい。
バブル世代が高校生の子供を連れていくため、スキー人口がここ数年戻っている。
バブル世代の親の影響で、消費意欲がささやかながら戻っている。

<さとり世代の恋愛離れ>
結婚情報サービスのオーネット調べ。2011年の調査。
20~30代の独身男性で交際相手がいない:75%
20~30代の独身女性で交際相手がいない:65%
新成人の女性で交際相手がいない:70.3%
男女ともいずれは結婚したいと回答した20代は、男性66.7%、女性81.0%

博報堂に協力してる若者でも、イケメンや綺麗な子でも交際相手がいない。
「なんで?もったいない」と聞くと、「面倒だからしない」と返ってくるそうだ。

AIでモンサンミシェル描いてみた

私が愛してやまないフランスを守る城砦モンサンミシェル

礼拝堂、修道院、巡礼地、要塞、監獄、観光地...…

時代と共に役割を変えてフランスを支えてきた。

 色彩補助AIを用いて私も絵を描いてみました。

「夜明けのモンサンミシェル

f:id:rouge1401189:20160712044647j:image

続きを読む

NOED2014

NODEとは名古屋を中心にメディアアートの勉強会を催す組織。今回は0から作るコーンソナー(音響装置)をつくった。

家の延長コードは自作の私は、はんだごてや電子回路の扱いにはなれていたが、音響装置、空気振動の仕組みは興味深かった。

 f:id:rouge1401189:20161222003026j:image